クレジットカードの罠

クレジットカードの罠

クレジットカードの罠

クレジットカードは銀行や大手の企業が発行するために人前で出すことに抵抗なく出せます。
前に、お笑い芸人のナインティナインの岡村隆史さんが、テレビ番組のゴチバトルで負けた際支払いに消費者金融のカードを出したことで、ネット上で「サラ金のカードを持ってる」と話題になったことからも消費者金融のカードは、一般の人には敬遠されていると思っています。
しかし、クレジットカードも以前は、グレーゾーン金利で運営されており、今現在も消費者金融の利子となんら変わりはないのです。
銀行口座に預金がある場合は一括で返済ですので何の問題もないです。しかし、支払いに困ると銀行や大手企業のカードは心理的に圧迫感があります。もし、返済が滞れは銀行や大手企業のブラックリストに載ってしまうのではないかとの思惑がその原因です。そしてその返済のために、他の消費者金融などで借りてしまい、多重債務になってしまうのです。

 

クレジットカードの罠即日融資の罠TOPページに戻る

クレジットカードの罠記事一覧

主婦破産はポイントカードから

2011年の貸金業法の改正で専業主婦や無職の人は消費者金融で、お金を借りることが出来なくなりました。しかし配偶者や保護者などの収入があれば、配偶者、保護者の同意の元で一応は借りることが出来ます。もちろん、債務の責任も持つということですが。1990年代半ば、主婦破産が問題になっていました。それは199...

≫続きを読む

 

ファミマTカード:ミニマム・ペイメントの罠

ファミリーマートはレンタルビデオ(DVD)のTUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブとの提携してファミマTカードというカードを発行しています。ファミリーマートでの買い物やTUTAYAでのレンタルなどにポイントがつき、ETCなどでも使えて大変便利なのですが、支払い方法が微妙なところです...

≫続きを読む

 

クレジットカード時代の到来とトラブル

クレジットの発行枚数3億859万枚カード社会といわれて久しいのですが、平成22年3月末までのクレジットカード発行数は、約3億2233万枚に達しています。その内訳は、銀行系1億3336万枚、流通系9957万枚、信販系4733万枚などとなっています。平成12年に2億2325万の発行でしたので、この10年...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ